ついに本命!8コア16スレッド i7プロセッサを 4.4GHz常用駆動
あらゆるワークフローに最適化する究極のフラグシップモデル登場!

2020年のオリンピックを控え、コンテンツ制作者の4K編集機に対するニーズも高まってきました。JUNS Pro Studio Ultimate 4Kはテレビ放送で採用される4K60p XAVC素材をいかにスムーズに編集できるようにするかを一つのテーマとして企画されました。
カット編集だけでなく、カラーグレーディング、モーショングラフィック、VFX、3Dなどあらゆるワークフローで威力を発揮できるよう、 様々なバリエーションに合わせたオプションも用意。
他の追随を許さない最高のハードウェア性能と 十分な拡張性で 時代の変化に対応する制作環境をサポートします。

■プロセッサ
圧倒的なスピード 独自のノウハウでi7プロセッサを4.4GHzまでチューニング!

定格動作周波数 3GHzのintel i7プロセッサを独自のノウハウで最大4.4GHzにまでクロックアップ。
常用できる範囲内で、CPUの能力を最大限に引き出します。
通常、WorkStationはコア数の多いものほど高性能とされていますが、コアが増えるほど1つ1つの動作クロックは低くなる傾向にあり ます。 しかし、ノンリニア編集や3Dのレンダリング・モデリングなどでは コア数とクロック(1コアあたりの速さ)のバランスが大切で単純にコア数が多ければ良いというわけでもありません。
JUNS Pro StudioUltimate4Kでは実際を想定した4K編集時のテストにおいて、 XEONを2基搭載したモデルよりも良い結果を出しています。 また、AfterEffectsやCINEMA 4Dなどの3D制作の場でも、レンダリングやモデリングの作業時にはクロックの高さがスムーズな動作に大きな効果を発揮します。

■ストレージ
システムSSD 合計8.5TBのストレージ領域をカバー。

システムには480GBのSSDを装備。たくさんのプロフェッショナル用アプリケーションをインストールしても余裕があり、キャッシュファイルも 保存可能です。素材やプロジェクトファイルはRAID0-8TBのHDDに。データサイズの大きい4K素材もたくさん保存でき、シングルHDDと比べ読み書きの速度が速いため、 スムーズな再生を助けます。

オプションで更に高速なストレージをご用意

さらにオプションで ワーク領域としての高速RAID-SSDや、PCIeベースのSSDを追加可能。 最新のPCIeSSDでは、1枚で1.5GB/sという高速さを実現。 ビッグデータのファイルを開く待ち時間をなくし、4K-60P編集やRAWデータの取り扱いのしやすさを極限まで高めます。

■グラフィック
8Gメモリ搭載、nVIDIAハイエンドGPU。

最新のMaxwellアーキテクチャ採用のハイエンドGPUの中から8GBメモリを搭載したコストパフォーマンスの高いGTX1070を標準搭載。 最新のソフトでは、演算処理をCPUのみに依存せず、飛躍的に向上し始めたGPUの処理能力もバランスよく使用するようになってきました。タイムラインでのスムーズな4Kファイルの再生や、Davinci Resolveでのカラーグレーディングにも高い効果を発揮します。 HDMI2.0に対応し、HDMI/DPの両方で60P出力が可能になりました。 オプションでグラフィックカードの追加や、変更も可能。

■メモリ
新規格DDR4 高速・大容量メモリを32GB標準搭載。

32GB大容量のメモリは、2133MHzで駆動する新規格のDDR4を採用。
前世代のDDR3から帯域幅が2倍に拡大し、アプリケーション 間の連携や、同時使用をさらに快適にこなします。 XAVC 4K60pの3タイムライン編集時(Premiere CC 2014編集時)には使用率は8割を超え、これからの4K編集にはメモリの重要さが伺えます。 オプションで最大64GBのメモリを搭載できます。

■プロフェッショナル・ユースに最適化 スピードと安定性の両立・高い拡張性

他の追随を許さない高速さながら、厳選された部材と効率的なエアフロー構成により 長時間高負荷の作業を行うに耐えられる安定性を両立しています。 また、目まぐるしいスピードで変化する映像環境に合わせるため、高い拡張性を有した設計で 時代や環境の変化に合わせ、内部のパーツを変更・追加し、長くご使用いただくことを想定しました。 単純に高性能なパーツを組み合わせただけのPCとは異なり 映像制作の環境、ソフトのエンジンや特徴、最新のフォーマット等を日々研究し、プロユースのマシンを作り続けてきた JUNSだからこそ出来る モデリングやチューニングで、 唯一の ”現実に使える 高速なマシン”をお届けします。

バリエーション

ワークフローに合わせ、重要な部分を強化します。

4K60p XAVC

テレビ放送のスタンダードとなりそうな4K60p XAVCをメインで扱われる方向けに。 1.5GB/sの速度を誇るワーク領域やインターフェイスを強化したモデル。

カラーグレーディング・RAW

DaVinchResolveや Speed Gradeなどの取り扱いに。 RAWデータで色補正を行うCM制作の現場などに最適なマルチGPU構成モデル。 DaVinch ライセンス付(プリインストール済)のモデルもご案内可能です。

SFX/3D

AfterEffectsや CINEMA 4D、FUSIONなどでの作業時に。 メモリやGPU性能を強化したモデル、ネットワークレンダリングのためのインターフェイスを強化したモデルをご案内します。

現在は個別にお見積りを提案させていただいております。こちらのフォームよりご連絡ください。

JUNS Pro Studio Ultimate-4K
598,000円(税込)

JUNS Pro Studio Ultimate-4K本体仕様
プロセッサ i7プロセッサ  8コア16スレッド 4.4GHz常用駆動
チップセット X99チップセット
メモリ DDR4-32GB(8GB*4)
グラフィック GTX1070-8GB
システムドライブ SSD 480GB
ストレージ 8TB (4TBHDD*2台)(RAID0)
オプティカルドライブ Blu-ray(-R/-RE /DL)/DVD±R/CD-Rスーパーマルチドライブ
カードリーダー 3.5インチ内蔵型 ※USB3.0転送
インターフェース IEEE1394インターフェイスカード(6ピン*1: 9ピン*2)
iLink(4pin)と互換性あり 6pin⇔4pin 9pin⇔4pin の変換ケーブルでiLinkへの対応が可能です。
電源 80PLUS 1000W
OS Windows 10 Pro 64bit セットアップ
アプリケーション オプションでセットアップ可
オプション プレビューボードの追加
・Decklink Studio 4K(4K/30p) :87,000円(税込)
・Decklink 4K Extreme 12G-HDMI2.0(4K/60p) :235,000円(税込)
メモリの追加
・64GB(8GB*8)へのアップグレード:49,800円(税込)
ワーク用高速SSDの追加
・PCIe SSD 800GB:129,600円(税込)
・PCIe SSD 1200GB:178,000円(税込)
その他、各種編集ソフト、周辺機器 ・・・ご希望の場合はお見積もりフォームよりお気軽にお問い合わせください。
PC入出力
グラフィック〔モニター接続〕 DVI×1/HDMI×1/DisplayPort×3
USB USB3.0×7( リア:6/トップ:1)
USB2.0×6(リア:4/トップ:2)
サウンド 8ch HDオーディオ
カードスロット SD/MMC スロット×1/ microSD スロット×1/ CF(TypeI/TypeII) / MD スロット×1 MS/MS Duo スロット×1 ※ SDHC、SDXC 含む主要なメディアをサポート
LAN ギガビットLAN
外部インターフェイス IEEE1394×3 (6ピン*1 :9ピン*2)  iLink(4pin)と互換性あり 6pin⇔4pin 9pin⇔4pin の変換ケーブルでiLinkへの対応が可能です。
背面
サイズ・重量
サイズ 高さ: 535mm(高さ)×260mm(幅)×454mm(奥行き)
重量 約22kg
電力状況
電圧 100〜240V AC
周波数 50Hz/60Hz、単相
同梱物
  JUNS Pro Studio Ultimate-4K 本体
電源コード
OS、
ドライバCD(セットアップ品)
簡易取扱説明書